体臭と年齢

体臭と年齢

人間年と取るにつれて体臭はどんどんきつくなります。
これは代謝が落ちることや内臓の疾患などにより臭ってくるのです。
体臭、口臭なども臭いが強くなり、男性の場合は8割の人が体臭(この場合加齢臭)に悩まされてると言われています。

 

高齢になるとまず体の代謝能力が低くなり、汗から出る物質も酸化したものが多くなります。
当然汗も臭いが出やすくなり、代表的なものは加齢臭などがあります。
もともと加齢臭は酸っぱい、酸化したような臭いなのですが、加齢によって分泌される皮脂の性質が変わることで加齢臭のニオイの元である、
ノネナール臭がします。

 

また口臭もその一つです。
高齢になることで唾液の分泌が減るために口臭がきつくなります。
唾液というのは口臭を発生する菌の繁殖を抑えたり、口臭のニオイを抑える効果があるのですが、
唾液の分泌が減ることで口臭もきつくなります。

 

実際に高齢者の介護施設などでは体臭や口臭が一部問題となっております。
若いうちは体臭がなくても年齢を重ねることで体臭に悩まされるという人もいます。

 

また内臓機能が弱ることでこれらも口臭や体臭の原因となります。
特に高齢者に多いのが腸内からのニオイです。
本来であれば排出される物質が内臓の機能低下により、血流にのって皮膚からニオイが出てきます。

 

 

 

加齢による体臭予防

これらの体臭が気になる場合体臭サプリを飲む、またお風呂にクエン酸を入れてみるのもいいですね。
体臭サプリは体の中で作られる体臭の原因物質を改善すると言われています。
またクエン酸はもちろん経口摂取することもいいのですが、お酢に多く含まれるのでお風呂に入れるなどしても体臭予防に良いと言われています。

 

それ以外にも最近は体臭予防専用のボディウオッシュなども販売されていますのでそれらを使用するのもいいですね。